5/17 紫キャベツの追肥@宮本農園

新宿パープルプロジェクト

約1ヶ月前に「高機能バイオ炭」を撒いた畑での追肥体験!

1ヶ月前に苗植え(定植)を実施

実は1ヶ月前にキャベツの苗を植える農業体験が実施されました。しかし、当日はあいにくの雨。。
クリアソン新宿からは伊勢太一選手が来ていただき、1時間ほど作業をしてこの日の体験を終えました。
いつも笑顔の素敵な伊勢選手、雨の中、本当にありがとうございました!

クリアソン新宿伊勢太一選手

クリアソン新宿 伊勢太一選手

宮本農園 宮本様との連携プレー!

今は緑色ですが成長するにつれ紫色に変わります

畑の管理はプロの生産者がしっかりとフォロー!

通常の畑貸しと違い、「千菜一遇農en」は収穫まで生産者にしっかりと管理・フォローしてもらえるのが特長です。
残りの定植作業も宮本様に後日フォローしていただいたのですが、
今回の紫キャベツは新宿区の飲食店様に食材として使っていただくと伝えると、新鮮な状態で使用していただくため、植えるタイミングをずらして収穫時期をずらして定植していただけました。プロならではお気遣い、ありがとうございます!!

右と左の苗で成長の違いが判ります

鈴木翔登選手と上田康太選手に来ていただきました!

宮本農園での体験は第3回目にしてようやく晴天に恵まれました!
この日はクリアソン新宿から鈴木翔登選手上田康太選手に来ていただきました。宮本様から追肥の手順をレクチャーしていただいた後に参加者全員で取り掛かりました!

プレ収穫体験?!

いつも農業体験は10:00から12:00の2時間で実施するようにしています。この日の追肥体験は早めに終わったので、宮本様のご好意で、急遽、キャベツの収穫体験をしていただけることになりました。
紫キャベツではないですが、収穫前のキャベツの畑で収穫用のナイフの説明や収穫の方法などを教えていただき、実際に収穫体験をしてお持ち帰りいただきました。宮本様、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!

収穫用のナイフは先にも刃がついています

収穫してすぐに食べられるのが “東京野菜” の魅力

収穫したての新鮮なキャベツは絶対に美味しいはず!
午前中に収穫した野菜を夕食で食べられるのが “東京野菜” の魅力です。『千菜一遇農en』では新宿パープルプロジェクトを通じて、新宿の街の活性化だけではなく、東京野菜の普及拡大にも力を入れていきます!

上田選手、鈴木選手、本当にありがとうございました!また来てください!!

(右) MF 上田康太選手 (左) DF 鈴木翔登選手

また、新宿パープルプロジェクトでは、一緒に盛り上げていただける法人様を募集しています。
皆様からのお問い合わせをお待ちしています!【お問い合わせはこちらから

関連記事一覧